一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前回、「感情に名前をつける」という記事を書いたので
今回は、「フォーカシング」の話をしますね

実際、私がカウンセリングの場で
「感情に名前をつけてもらう」という作業をしていただくのが
この「フォーカシング」

ピンときませんよね(笑)

私なりに、ざっくりと説明させていただきます。
ざっくりですが、普段より長文になってしまいますのでご了承下さい。


自分の感情は、もちろん自分の体の中にあります

頭で感じる人
胸で感じる人
お腹で感じる人

人それぞれです

だけど、やっぱり体で感じます


例えば自分が、「もやもや〜」っとしていると仮定します

その「もやもや」、どんな形をしているのでしょうか?


私は、黒い煙のような感じでした。

大きなドラゴンだ。と、いう人もいます
雨雲で雷が出ている。と、いう人もいます

人それぞれです。

よーく観察しましょう。

どんな特徴があるんでしょうか?


大きくなったり小さくなったりする。と、いう人もいました
ほっとくと消える。と、いう人もいました
殺すこともできるけれど、そうすると自分も死んでしまう。と、いう人も


人それぞれなんです

だって、自分にしかない感情だから

自分の体の中で生まれた自分の感情

つまり、自分の子供のような存在


だから、名前をつける
私の場合は「くろちゃん」

この「くろちゃん」捨てることができます
けれど、私は捨てることができませんでした

重要なのは、この嫌な感情を捨てることや、隠すことや、警戒することではないんです


自分自身の中にある、この嫌な感情を無視しない。
嫌な感情がある。と、認めることなんです

それ自体が自分自身を認めることにつながるんです


やっぱりわかりづらいですよね

それでもいいんです。
人によって、合う合わないがある。
それが、この「フォーカシング」なんですよ


HP

日本人は、感情に名前をつけるのが苦手な人が多いそうです。

たとえば、すべてを「かわいい」と表現してしまうように
「イライラする」と、いう表現で片付けてしまう人が多いそうなんです。

プラスの感情については「楽しい」「嬉しい」「面白い」など
色々あるのにね


「イライラする」

なんでしょうね?


それを、「どんなお気持ちですか?」と、名前をつけてあげる作業、それがカウンセリング。

「悲しい?」「不安?」「後悔?」・・・

「悲しい」のは、現在のこと
「不安」は、未来
「後悔」は、過去

それが理解できるだけでも、多くのことは解決出来ます


自分自身の大切な感情

ちゃんと名前で呼んであげてね


HP

またまた新聞社から連絡がありました。
今度は別の新聞社です
ありがたいことです

今回は、
「五月病の特集を組むので、相談されたい方のために連絡先を載せたいのですが・・・」
と、いう内容。

今回もお断りさせて頂きました
それでも多くのカウンセラーがいるなかで、私を選んでくれた事は嬉しかったです


さて、五月病ということでしたので、私なりに・・・

五月病は、5月になる病気です。

・・・と、いうわけではなくて
医学的には「適応障害」と診断されます

私が医者ではないので、診断はできませんが


では、どうしてなるのか?

4月になって、新しい環境でやる気いっぱい
だけど、
「本当にやりたかったことは何なんだろう?」
「これからどうなるのかな?」
と、不安になってしまう

これが五月病。
特に、GW空けに陥りがち


じゃあ、五月病になったらどうすればよいのか?

私が思うのは・・・

本人は「やる気はある」と、いうこと

そう、
「やる気はある」んです

「やる気はある」のに上手くいかされない・・・
そんな思いがあるのでは?

だからね、自分を見つめなおすチャンスなんじゃないかしら?

「自分に出来ることはなんだろう?」
「この環境に役に立てることはどんなことかな?」

そんな思いを誰かに話してみては?

よいアドバイスを頂けるかも

ひとりで抱え込まないで。

あなたの味方は身近にいるよ


HP

新聞社から、
「四日市の特集を組むので広告を出しませんか?」
と、いう連絡がありした

実は、新聞社からお電話があったのはこれで2回目

前回は、「自殺予防週間」の時でした

今回は、四日市の特集なので、
カウンセラーにこだわらなくてもいいはず。

その中で、私を選んで下さった

本当に、ありがたいお話です


・・・けれど、お断りしました

今の自分では・・・

なんとなく、身の丈に合っていない気がするんです


もったいないことしたかな〜


だけど、今は自分の出来ることを一生懸命やりたい


そのうち、

「ぜひお願いします!」

って言えるぐらいに、なりたいな


HP

カウンセリングが終わると、カルテの記入をします

と、いっても私の場合は
「主訴」と「要約」そして「見立て」という、ごくごく簡易的なものです

するとね

見立ての部分で出てくるんです

カウンセリング時に気づかなかった新たな「見立て」

それに気づくと

「あぁ、どうしてカウンセリング時に気がつかなかったんだろう・・・」
と、落ち込みます

カウンセリング時に気づいていれば

もうすこし早く解決できるかもしれない

すこし、遠回りをさせてしまった

ちゃんと、クライアントはそのヒントを訴えていたのに

なんて


そして、反省することが
私を成長させてくれるものなのだと自分に言い聞かせます


私自身が満足できたカウンセリングなんて数えるほどしかありません

といっても、私自身が満足していても仕方ないんですけどね


まだまだな私

でもそうやって、一生成長し続けていけたらいいな


HP


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

メールカウンセリングについて

・メールでの相談になります。 ・時間や場所を気にすること無く相談できます。 ※パソコンからのやり取りになります。携帯メールの場合は受信設定をご確認下さい。

料金・その他

3往復:5000円 ・メールフォームにて申込ください。予約受付完了後、折り返し振込先などご連絡致します。 ・事前振込をお願いしております。

Link

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM