一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アートセラピーって、どんなことをするの?
って、思っている人のために。

あっこれは、「賢者の杖」では、って事です。

希望されれば、描いてもらった絵を分析しますが、
基本、カウンセリングの場で分析はしません。

じゃあ、どんなことをするの?
って事で、今までのアートセラピーで印象に残っているお話を一つ。


クライアントは、不登校の方。
学校の絵を描いて頂きました。

校舎の上に、黒い雨雲が広がり、雷が落ちています。

「この雷のせいで、窓が割れる。
だから、怖くて学校に行けない」
と、クライアントの方は窓にヒビを入れます。

「どうやったら、雷がなくなるの?」
と、訊くと

「雷は悪くない。原因は雲の中
だけど、雲だから自然に無くなる」
と。

そして今では、
毎日学校に通っている
と、連絡を下さいました。

私は何もしていません。
きっと、クライアントの方が、描いていて答えを見つけたんでしょうね。

この、
「何もしていない」
って、いうのが、
カウンセリングにおいて、私の達成感だったりするんですよ。


HP

2011年1月に、無事第一子を出産いたしました。

お休みさせていただいておりました
「メールカウンセリング」
を再開させていただきます。

引き続き、育児のため
「面談カウンセリング」
「電話カウンセリング」
セミナー・無料セミナー」
は、お休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。


HP

今、多くの方は「不安」を感じていると思います。
今回は「不安」について書こうと思います。

実は、悩みは大きくわけて3種類あります。
「憂鬱」「迷い」そして、「不安」です。

「憂鬱」は過去
「迷い」は現在
「不安」は未来
に、対しての悩みです

「不安」を感じてしまったら、どうしたらいいのか?

実は、どうすることも出来ません。

過ぎてしまった「過去」をどうすることも出来ないように、
先の見えない「未来」を知ることは出来ないからです。

じゃあ、ずっと「不安」を抱えたままなのか?

それは、「今、ここで」に答えがあります。

現在は「迷い」ですよね。
「迷い」とは、どちらを選択するかの「迷い」です。
つまり、今をどう行動するかです。
何を感じ、それに対しどのように考えるかによって、
行動する答えはみえてきます。

あなたの「不安」に対して良い未来であるか、よーく考えて。

あなたは、どうしたい?
じゃあ、どうすればいい?


もし、今「不安」に思っている人がいるなら、少しでもお役に立ちたい。
そう思って、この記事を書きました。

ちなみに「憂鬱」に対してのケアは「癒し」です


HP

昨年の、12月からカウンセリング業務は休業させて頂いておりますが、
なぜか、HPのアクセス数は、有難い事に減っていません。

ありがとうございます。

休業状態なので、
アクセスして頂いている事が、
カウンセリング業務を再開する事の励みにもなります。


そして、先日、
初めてカウンセリングを希望される方に対して、
どのような事をするのか?
と、いう「無料セミナー」の申し込みがありました。

ありがとうございます。

休業中なので、
とても残念ですが、
お断りさせて頂きました。

申し訳ございません。


けれど、このように
申し込みがある事も、嬉しく思います。

年内には、仕事を再開できるといいな。

本当にみなさま、
ありがとうございます。


HP

子供が産まれることから、
北海道のお義父さんと、お義母さんに
「孫の顔を見せてあげたい」
と、言うことから旦那がSkypeを繋ぎました。

顔も見れて、話も出来て、これで通話が無料なんて便利な世の中ですね。

カウンセリングでも、
Skype対応のカウンセリングとかありますもんね。

けれど...
アナログの私にはSkype対応のカウンセリングは向いてないかも?

やっぱり、実際お会いする方が好きですね。
私のカウンセリングは8割がラポールなので(笑)

遠方の方には申し訳ありませんが、
メールカウンセリング・電話カウンセリングでお願いいたします。


HP

現在、カウンセリング業務は休業していますが、クライアントの方からメールを頂きました。

内容は、

カウンセリングをを受けようと思っていたのですが、12月になってしまいました。

と、いうものです。

すみません。
ご希望に添えなくて...。

そして、文面の最後には、

出産頑張ってください

と...。

ありがとうございます。

私は、休業するにあたって少し不安になっていた部分もありましたが、この様に、
待っていてくれる人がいる。
と、いうのは心強いです。

ありがとうございます。

とある、クライアントの方から、
「〇〇という本に書いてある治療を実施していただきたいのですが、行っていますか?」
と、いう問い合わせがありました。

私は、勉強不足でその本を拝見していないのですが、内容が「インナーチャイルドセラピー」と「家族療法」に似ていたので、その療法について説明をさせて頂きました。

今回は、その説明内容を書かせて頂きます。


Q.インナーチャイルドセラピーはどの様な事をするのですか?

A.カウンセラーが親御さん役を演じ、クライアントの方は子供の頃、言いたかった事を言ってもらうという疑似体験をしてもらいます。


Q.この本には、治療を行なう事により何が起こるか分からない、だからこそ、親の役はカウンセラーでなければならない。と、あるのですが?

A.この療法は、いきなり初回から実施することが出来ません。まず、カウンセリングを受けてもらう必要があります。
カウンセラーはクライアントの苦しみを理解しなくてはなりませんし、クライアントの方もこのカウンセラーなら話しても良い、という信頼関係が必要となります。
そして、この治療は今まで生きづらさを感じていたものを思い出していく作業になりますので、苦痛が伴います。カウンセラーはクライアントの様子をみて、少しずつ深い内容についての治療を実施していく事になります。


Q.完治までにはどのくらい時間がかかりますか?

A.8年くらいはみておいた方がいいと思います。もちろん個人差はあり、頭で理解するのは半年でも出来るかも知れませんが、同じ様な出来事が起きた時に、完全に心が痛まなくなる、生きづらさを全く感じない。と、いうレベルまでの完治には非常に時間がかかることをご理解下さい。
カウンセリングに関しても、この長い期間定期的に通わなくてはならない。と、いう事はなく、治療が進めばカウンセリングの回数も減っていきますのでご安心下さい。


Q.この本には、家族の協力も必要だ。と、ありますが?

A.実際、カウンセリングを実施してみないと解りませんが、「家族療法」というものもあります。これは、家族全員を集めてカウンセリングを実施する、と、いうわけではなく、ひとりひとりカウンセリングを行っていきます。「機能不全家族」の場合、その家族の常識が本当に正しいかどうかを冷静に判断してもらうためです。
本人のみをカウンセリングしても、環境が変わらなければ、同じ状況になってしまうからです。
けれど、この療法は「ひきこもり」などの家族に実施するものなので、今回の場合、必要かどうかは、今の段階では判断することは出来ません。


と、いう様な内容を説明いたしました。

最近のクライアントの方たちは、勉強家の方が多く、カウンセリングを受ける前から自身がアダルトチルドレンであるという事を理解されている方が多いですね。
そして、「インナーチャイルドセラピー」の様な苦痛を伴う治療を望まれるのですから、頭が下がります。
もし、あなたが「インナーチャイルドセラピー」を望まれるのなら、私自身も命を削る思いで寄り添って行きたい。と、思っております。


HP

「相談したいことがあるのですが、考えがまとまりません」
と、いう相談がありました。

いろんな事が重なって、何をどうしたらいいのか分からなくなることってありますよね?
そんな時こそカウンセリングを受けてみてください。

何が原因でモヤモヤしているのか?
それを少しずつ紐解くのもカウンセリングに含まれています。

まとまらない考えを、話すことによって、まとまった考えに変える
そのお手伝いをするのもカウンセラーの仕事なのです。

モヤモヤして、前に進みづらくなっているのなら、
そのモヤモヤを紐解いて、
分類して、
本当の原因を探してみましょう。

その原因は小さいもので、
ヒョイっと超えられるものかも知れませんよ。


HP


HPのインフォメーションにて記載させていただきましたが、
2010年12月1日より、全てのカウンセリング業務をお休みさせて頂きます。

また、現在メールカウンセリング実施中の方、
これからメールカウンセリングを希望される方は、
3往復が1セットになっておりますので、お気を付け下さい。

※11月末までのお申込みの方はカウンセリングを実施させて頂きますが、
対応が遅れる可能性があります。

ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。


HP

最近は妊娠中ということもあり、セミナーはお休みさせて頂いております。

けれど今でも以前、セミナーを受講してくださった方からのカウンセリングの申し込みがあり、嬉しく思います。

今回は、セミナーを受講してくださった方から、カウンセリング希望の方を紹介されました。

実は、今まで新規のクライアントの方は、
セミナーの受講生、
HPを見た人、
チラシ・名刺を見た人、
と、「自主的にカウンセリングを受けたい」と思っている方々でした。

紹介というのは初めてです。

もちろん「自分が変わりたい」と思わなければカウンセリングは効果が無いので、不安はありますが、
私を紹介してくださった事を嬉しく思います。

よし、頑張るぞ


HP


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

メールカウンセリングについて

・メールでの相談になります。 ・時間や場所を気にすること無く相談できます。 ※パソコンからのやり取りになります。携帯メールの場合は受信設定をご確認下さい。

Twitter

facebook

ブログ村

メールカウンセリングについて

2往復:3000円 ・メールでの相談になります。 ・時間や場所を気にすること無く相談できます。 ※パソコンからのやり取りになります。携帯メールの場合は受信設定をご確認下さい。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM